読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみはぽらりす

思い入れはこれから作る

シンメということ

 

突然だが、私はいわゆる「シンメ」「コンビ」に対する関心がとても薄かった。決して嫌いなわけではない。むしろ大変好ましく思っている。シンメで切磋琢磨する今昔物語や、ツイッターTLが好きなコンビの話題で盛りあがっている様を眺めるのも大好きだ。ただ、どうしてどうして自分自身は「シンメでそこまで沸けない」のである。沸けないというより、みんなが好きだからどのコンビでも好き、選べない。という状態だった。グループの中の二人組というだけであって、コンビとして強く推したい、という気持ちがわかなかったのだ。

 

何を隠そう我らが自担横尾さんの所属するキスマイにも最強シンメ「藤北」がいる。私も藤北は大好きだ。DVD収録の藤北企画は、それこそ号泣しながら鑑賞した。でも、それは「藤北」がシンメだという事実より、大好きな北山さんと藤ヶ谷さんの「育んできた友情や信頼や絆」に涙が止まらなかった。いや、いいじゃないか、シンメ最高で。結局藤北で泣いてるんじゃないか。おっしゃるとおり!!!

 

これはジャニヲタ歴が浅いせいであろうか。「シンメ」や「コンビ」に対する思い入れは、長くひとつのグループを見続け、彼らのもがきや成長を見ていくうちに、自然と生まれる感情なのだろうか。しかし私と同時期にキスマイにはまった友人たちは、既にシンメに対しても大変造詣が深い。これは単に私の感受性が希薄だということなのか。シンメの尊さやドル誌の最強コンビ投票で盛り上がる友人たちを横目に、私はひとまず北横に一票投じてみたりしていた。(北山さん大好き)

 

そんな答えの出ない日々をぬるっと過ごしていた私に、しかし突如として「シンメ尊い」ターンはやってきた。

 

「や ぶ ひ か」

 

今となってはこの文字を打つだけで胸の高鳴りを抑えることができない。

 

いったいどういう風の吹き回しだ。あれほどどのグループのどの二人組においてもそこまでの関心を持つことができなかったのに。

私はたいそうなド新規なので、やぶひかが歩んできた道については過去の雑誌やDVDや信者様のブログ等で学ぶほかない。最初は光くんについて知りたい欲求のためにあれこれ徘徊していただけだった。そこで光くんに関する記事には必ずと言っていいほど「薮くん」「やぶひか」の文字が躍ることに気づく。

 

年長二人が代表で怒られ、後輩からは(主に光くんが)怖がられ、ファンからもメンバーからも尊いと思われ、本人たちはそんな周りの目を少し気にして距離を取る。

 

…数多の伝説的なエピソードに、胸のきゅんが止まらない!いやしかしこの胸熱シンメ物語はJUMPに始まったことではないだろう。それなのに、なぜここまで心をつかまれてしまったのだ。コンサートDVDでやぶひかが楽しそうにしていると、目頭が熱くなる。お互いがお互いをリスペクトしていることが伝わってくる記事を読むと、目頭が熱くなる。Chiku Taku やサマリー2010の硝子の少年なんて涙腺崩壊レベルだし、ちびひかちびやぶがだんだん大きくなる神動画なんて見ちゃった日には一日仕事が手につかない。

 

どれも、1年前の私には考えられなかったことだ。

 

どうしてそこまで「やぶひか」に心動かされるのか、自分でもよくわかっていない。わかっていないなら書くなよとも思ったが、これはJUMPがらみの記録備忘録なので、あえて記しておく。いつか、本当の意味でやぶひか含めシンメの尊さに気づける日が来るといい。 でも、理由もなく心ときめくこの感じも嫌いではないけど。

広告を非表示にする