読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみはぽらりす

思い入れはこれから作る

えびポスターお渡し会のこと

 

 

JUMPごとではありません。噂のA.B.C-Zポスターお渡し会へ行ってきました。

 

CDを買うとメンバーから直接ポスターをもらえる券が入ってるよ。全員だよ。抽選じゃないよ。全員だよ。

 

こんなことある????

 

しかしそれはたしかに実在したイベントだった。最高に楽しく最高に愛にあふれ、その愛と引き換えに自分至上もっとも過酷な耐久レースに参加することとなった、以下はそんな個人的参考記録である。

 

 

会場到着 10:56

会場をぐるっと囲むように列ができていた。進みは割と早い。全身メンカラ!といった方はほとんどいない。控えめにを取り入れている印象。(特に紫が多かった)しかしみなさんさりげなく髪やかばんにお星さまをつけているのがめちゃくちゃかわいい!

 

芝生地獄…

しょっぱなから穏やかでない。会場の裏手に芝生の広い庭?があるのだが、ここがとにかく辛かった。芝生をぐるぐると二重のらせん状に並ぶよう誘導される私たち。しかし私のいる外側の列が一向に進まないのだ。おかしい。もう30分以上1mmも動かない。内側の列はどんどん進んでいく。そして私たちの後ろ、まだ芝生エリアにたどり着いていない列も進んでいく様子が見える。おかしい。それはおかしい。前後が動いているのに自分の周辺だけ動かないなんて。そしてひとつの仮説をたてた。

もしかして、らせんが切り離されて、外側の円独立しちゃってる!!??

確かめるすべはない。そうこうしているうちに雨も降ってきて、あちらこちらで傘が広がり、視界はさえぎられ、内側の様子も見えなくなった。

その時、隣に並んでいたかわいらしい女の子がおもむろにじゃ○りこを取り出しぽりぽり食べ始めたのだ。私はハッとした。そうだ、ここは無駄に焦って体力を奪われてはいけない。素晴らしい。隣の彼女は若くかわいい上に大変聡明である。それならば私もと思いごそごそとかばんをあさったが、ペットボトルの水しか出てこなかった。愚かである。

 

どうしよう、この陸の孤島と化した「チーム外側」はどうなってしまうのだろう。

いよいよ不安とじゃが○こへのうらやましさがMAXに達したその時、係員の方が「外側と内側を交互に案内します」とアナウンスを始めた。

えっこれらせん状じゃなかったっけ?

もはや仮説を検証することもできず、チーム外側のみなさんと心の中で抱き合いながらにじりにじりと歩を進めていった。

 

建物の中へ 13:19

芝生地獄を抜け出した後は、比較的スムーズに中へ入ることができた。しかしまだお渡し部屋まではたどり着かない。入れ替え制と聞いていたのでこれは時間がかかるだろうと判断し、落ち着いて待つことができた。(芝生地獄のトラウマ)

 

引き&換え&スタンプ 14:02

まずCDに入っていた参加券を係の人に渡し入場券をもらう。もらった入場券をそのまま前方の違う係の人に渡す。するとさらに前方のスタンプ係の人が手の甲にスタンプを押してくれる。ん、どういうことだ??入場券をいったんはさむ必要性???あ、AB両方持っている人のため???

私は脳が溶けきっているので、このシステムを最後まで理解できないままだった。

第一の部屋に入る直前、ついたてで区切られた向こう側でメンバーがお渡しをしている気配を感じた。ふと上を見ると、天井のガラス?にメンバーのお渡しの様子が映っている。ひとりだけ他の人の10倍くらい動いている人がいた。明らかに金髪だった。

 

第一の部屋

前方の大きなスクリーンでミュージックビデオが流れている。これはいい。見たことのないMVも多く流れたので私はスクリーンに釘付けだった。

結果、はちゃめちゃに酔ってしまった。

※えびはワンカメで撮影されたMVが大変多い。

特に「Za ABC~5stars~」、お前だ。

大好きなシャワーゲートを見てる途中で、列が動き出した。あぁ待って!シャワーゲートは見せて!

河合くんのシャワーシーンに会場のざわつきボルテージが最高潮に達したころ、私はいよいよラストの待機部屋へ移動することとなった。

 

第二の部屋 15:17

ここでもMVが流れている。食い入るように見てしまうと酔ってしまうことを学んでいたので適度に流し見つつ、静かに待つこと小一時間。

おお花言葉だ、これ大好き。ううううはっしーううう…

 

花言葉フェードアウト

 

あぁ待って!花言葉は見せて!! (デジャブ)

 

そして、えびちゃんご本人たち前説に登場ー!!(16:07)

めちゃくちゃ疲れているはずなのに、一切それを感じさせない!感動!アイドル!プロだね!

そして、横尾担としてこれだけは伝えたい。

河合くん、あのしてたよ。

 

えびちゃんはキラキラとお手振りしながら「またあとでねー!すぐだよー!」と涙が出るほど優しい言葉を残して退場。

そして1番いいところで切れてしまった花言葉の続きを見ようとスクリーンに目を向けると、現れたのは

「Za ABC~5stars~」

またお前か!酔う!(曲とMVに罪はない)

 

お渡し&ハイタッチの感想 16:33

五関様

「1位取りましょう」と声をかけると、はっと神妙な面持ちになり「…うん、取りましょう」とかみしめるように答えてくれた。尊さ3D。

河合くん

五関様と同じく「1位取りましょう」と声をかけると、「おー取りましょ取りましょ♪うぇーい!」とはちゃめちゃチャラく返してきた。(※うぇーいは言っていない。私の心の補足。)その明るさと適度なチャラさにとても元気をもらった。

はっしー

はっしーは今すぐおふとんで寝ましょう!!彼の目は言っていた「もう限界。でも僕はアイドル。頑張る。でももう限界。」雨に打たれて震える大型犬の子犬。

とっつー

イケメンすぎてこわい。思わず「ハンサム…!」とつぶやくと「えっありがとー!!」と下からめっちゃこちらの目をのぞきこみ視線を絡ませてくる。こわい。目の奥がこわい。ハンサムこわい。

塚ちゃん

右手で係の人から封筒を受け取り、素早く左手に持ち替え、「ねぇ!」「はいっ!」と絶叫しながらファンに封筒を渡す。いや必死すぎる!!!!!塚ちゃんのお渡し係は2回目だったはずなのだが、全然慣れていない。塚ちゃんはずっと泣きそうであった。保護保護。

 

 

以上!えびちゃんポスターお渡し会レポでした。(お渡し会レポというより、お渡しまでのレポだ。)

並び始めてから塚ちゃんinパニックまで、5時間半。

並んでいる時は半分意識を失っていたけど、終わってみるとなにもかも楽しかった!!

えびちゃんもスタッフさんもファンのみなさんもお疲れさまでした!

5周年のアニバーサリーイヤー、えびちゃんとファンのみなさんにたくさんの幸せがありますように♪

 

総括:いま猛烈にじゃがりこが食べたい。